仕事を辞めたいのに辞められない方へ【勇気を出して踏み出そう】

こんにちは、あきら@imoto_akiraです。

今回は「仕事を辞めたいけど辞められない」

「上司になんて言えばいいのかわからない」

「上司に相談はしたけど、なかなか辞めさせてくれない」

 

こういった悩みを解決します。

僕自身、過去に2回、上司に退職の意思を伝えた経験があります。

とても言いづらかったですし、言ったあと上司に「考え直せ」「お前は甘い」「まだその時じゃない」など言われ、自分の意思を貫くのが本当に大変でした・・。

 

 

退職をするというのはとても面倒で、エネルギーを使うものです。

それでは、僕の経験談を交えながら仕事を辞めるときのコツを伝授したいと思います。

 

 

 

「仕事を辞められない」は幻想ですよ

ソース画像を表示

 

第一に知っておいてほしいのは「仕事を辞める権利は誰もが持っている」ということ。

 

 

「雇う側と雇われる側」という関係は、雇う側のほうが立場が上、みたいな風潮がありますがそれは勘違いです。

僕たちはお互いにメリットがあるから契約を交わしているだけ。

そこに上も下もありません。ほぼ対等な立場だと思います。

 

 

そして法的にも、退職の2週間前に退職の意思を伝えれば、会社を2週間後に辞めることができます。

さらに、2週間後に退職する意思を伝えた後に、2週間分の有給届を出した際、会社側は基本的にそれを受け入れないといけません。

 

上司や会社側がいくら口を出してきたところで、これらは法律で決まっていることなので、どうしようもありません。

 

 

つまり、法律という圧倒的なルールがある限り、上司がなんと言おうがあなたがその気になれば、すぐにでも退職することができます。

「上司の引きとめがしつこくて仕事を辞められるきがしない・・」という方は、まずこの前提を理解してほしいです。

 

 

少しはフッと気が楽になったのではないでしょうか(^^)

 

 

ただ、この退職方法はあくまで「最悪の事態」でない限りはやらないほうがいいと思います。

会社側も困るでしょうし、あなた自身もいい気はしないはずですから。

 

 

絶対に辞める、という鉄の意志をもつ

ソース画像を表示

 

ぶっちゃけ、これがすべてです。

退職がスムーズに進むかどうかというのは「仕事を辞める覚悟をいかに見せられるか」で決まると思っています。

あなたが今の職場である程度仕事を覚えた状態だとします。

もし、あなたが抜けてしまうとまた新しい社員を雇って、教育して、という面倒な過程を踏まなければなりません。

 

 

新入社員に1から仕事を教え、戦力になるレベルまで育てるというのは、かなりのコストがかかるわけです。

 

そりゃあ、上司はあなたを手放したくありません。

 

 

まず、引きとめにくるでしょう。

 

 

少しシミュレーションをしてみましょう。

退職の意思が弱い場合

辞めたい人
~という理由で仕事を辞めたいと思ってるんですよね・・
もしできたらなんですけどぉ・・ダメですかね?(;´∀`)
上司
いや、それは困るよ
いま君に抜けられたら困るんだから!
辞めたい人
で、ですよね~・・なんか変こと言ってすみません・・

 

こんな感じで終了。というのが目に見えてますね。

 

次は鉄の意思で退職を申し出た場合です。

鉄の意志がある場合

辞めたい人
~という理由で仕事を辞めたいと思っています。
本当に申し訳ないのですが、悩みに悩んだ末にたどり着いた結論です。
上司
そうか、そこまで考えたうえでの結論なんだね・・。
でも、辞めてほしくないなー。
辞めたい人
○○さんがそう言ってくださるのは素直にうれしいです。
でも、自分の意思が変わることはありません。

 

と、こんな感じになるでしょう。

 

 

今のやり取りの通り、仕事を辞めるうえで最重要は「自分は絶対にこの仕事をやめる!!」というぶれない一貫した態度をとることです。

逆に「上司の発言によっては考えが変わるかもしれない」なんて1mmでも思っているうちは、退職の話を持ちかけない方がいいと思います。

 

 

なぜなら、仕事をやめたいと上司に相談し、一度でも説得されてしまうと、上司は「なんだ、こいつそんな本気で言ってるわけじゃないんだな、すぐ説得できたし、またやめるとか言い出しても言いくるめることができそうだ」と思うからです。

 

 

そうなると、退職の相談をする➡説得される、の無限ループになってしまい、多大なストレスを抱えることになるでしょう。

「なかなか辞めさせてくれないし、もう少し働いてもいいかな」なんて考えになってしまうかもしれません。

 

これでは上司の思うツボです。

 

カンタンにまとめると

①絶対に辞める、という鉄の意志が固まってから上司に相談すること

②一度「退職したい」と言ったなら、自分の気持ちを曲げないこと

この2点が最重要だといえるでしょう。
ただ、例外もあります。
上司と話をするなかで、自分一人では考えもしなかったことに気づき、やっぱり今はまだ辞めるべきではない、と自分自身が判断したときはすぐに辞める必要はないでしょう。
ただ、それはできれば防ぎたいことです。
そうならないためにも、事前にいろんな角度から深く退職について考えておきましょう。

退職を相談したときに上司から言われるフレーズ集

ソース画像を表示

 

上司はあなたに考えを改めてもらうため、あの手この手を使ってきます。

時には少し脅してみたり、怒りをぶつけてきたりするかもしれません(ろくでもない上司の場合)。

上司の言葉に感情を揺さぶられないよう、前もってどんなことを言われるかを把握しておきましょう。
そうすることで実際に言葉をぶつけられたときに「おお~出た出た」と多少は余裕を持つことができると思いますよ(^^)v

①キミが辞めたら周りの人間が苦労するんだぞ

はい、まずは鉄板のやつです。まあ、これに関してはごもっとも。

でも、周りの人間に迷惑はかけられないから、自分の人生を犠牲にする、っていうのは違うと思います。

 

周りの期待ばかりに応えていては自分の人生を歩めません。

 

別の角度から見ると「逆にあなたが働いてくれたおかげで今まで周りの人たちは助けられていた」ということですよね。

そう思うと、感謝こそされても、後ろ指をさされる筋合いはありません。

 

この言葉は辞めていく人間に罪悪感を植え付けることで、退職しづらくさせる呪文です。

まあこれはぶっちゃけ、人間が一人辞めていくだけで仕事が回らなくなるような運営をしている会社の責任です。

あなたは何も悪くありません。

 

もし、重要なポストにいたとしても、できる限りの引継ぎをしてからやめれば問題ありません。

 

 

退職を相談したときに上司から言われるフレーズ集

んなこと言い出したらキリがないわ!(笑)

新しい環境に不安を抱かせることで、今の職場にとどめようとするときの呪文ですね。

 

「いや、もっといい環境になるかもしれないでしょうが」と反論したくなります。(笑)

そんなこと言いだしたらキリがないですし、何も挑戦できません。

まったく気にすることないですね。

 

 

①キミが辞めたら周りの人間が苦労するんだぞ

うーーーん・・・・知るか!(笑)

その職場で頑張りたい人は頑張ればいいと思います。

でもそれをこっちにまで押し付けるのは違いますよね。

 

人の価値観なんて十人十色ですし、周りの人にとって最高の職場だったとしても、あなたにとってはそこまで魅力を感じなかっただけのこと。

よそはよそ、うちはうち。自分の望む環境に身をおきましょう。

 

 

②転職したら今より悪い環境になるかもしれんぞ

んなわけあるか!(笑)

環境を変える=逃げ みたいな風潮はあまりにも古すぎます(´・ω・)

 

実際に僕はそう言われながらも、環境を変えましたが、新しい職場ではうまくいきました。

重要なのは、本人と環境が合うか、ということです。

 

合わない環境から抜け出す、というのは逃げるどころか、より良い環境を手に入れるための攻めです。戦力的撤退です。

逃げは恥でもないし、役に立ちます。

 

③キミも辛いかもしれんが、みんなも頑張っているんだぞ

もう、シンプルに余計なお世話だわ!(笑)

こちとらとっくに成人した社会人なんだよ、いろいろ考えたうえで辞めるって言ってんだから、俺の足を引っ張ろうとすんな(-_-メ)

って感じですよね。すみません、言われた当時のことを思い出して、少々気が立ってしまいました、失礼しました。

 

ネガティブな未来をイメージさせることで相手の足を引っ張る呪文。いけ好かないですね。

 

ただ、場合によっては「考えが少し甘いんじゃない?」とあなたのことを本気で心配して言っている人もいるかもしれません。

近しい人にそう言われた場合は、素直に心配してくれてありがとう、と伝えてもよいかもしれません。

 

 

④いま逃げたら一生逃げ続ける人生になるぞ

ソース画像を表示

 

今回の記事は「今の職場を辞めたい」と思った方が読んでくれているのだろうと思います。

もしかしたら「なかなか辞められないし、もう少し後でいいかな・・」と思い始めている方もいるかもしれません。

 

しかし、人生が有限である限り、1日でも早く行動に移してほしいと、僕は願います。

一度本気で仕事をやめたい、と感じたのであれば、仕事をやめるまでその気持ちはなくならないと思うので。

僕自身、嫌な環境から逃げることで、より良い環境を手に入れてきました。

だからこそ、自分の中にある違和感を大事にしてほしい、と思わずにはいられません。

 

それではお互い後悔のない人生を!